ビオラの切り戻しとその後。切り戻しでビオラの寿命を延ばして楽しむ

例年、春先は強風が吹き荒れますが今年は一層風が強く感じます。

昨年の秋に植え付けしたビオラが先日の強風で無残な姿になりました。
寒い北国の冬を玄関先で雪を受けながら冬越ししたビオラ。

とてもきれいに咲いていたのに、写真撮ってなかったのが悔やまれます。

ブリエッタなどサフィニア系の花は切り戻しを経験していますが、ビオラの切り戻しは初めてです。

かなり伸びていたビオラでしたが、綺麗に復活するのでしょうか?

 

ビオラ切り戻し(適芯)の時期

まずは買ってきたらすぐ摘心する

買ってすぐに花が咲いているのを切るのは忍びないのですが、
この段階の「切る・切らない」でその後の花のボリュームに大きな差がでます。

趣味の園芸によると根元から2節のこして、2節目と3節目の間で切るのが正解のようですが、そんなに厳密でなくても大丈夫です。

形を整える程度にカットすれば大丈夫です。

 

春先の花がきれいなうちに切る

春になって花が咲きそろって1週間ほど花を楽しんだら摘心の時期です。

勿体ない気もしますが、この後株を大きく育てて長く花を楽しむためには必須の作業です。切り戻しの時は、思い切りが重要。

株が元気なうちに行うのが基本です

まだ花が咲いているからと躊躇していると、再び綺麗な花が見られない可能性が高くなります。

株が弱ってからだと再生が難しくなります。

カットする時は、たとえ花が咲いていようともバッサリカットします。

 

強風の日は注意が必要。無残な姿になったら切る

我が家のビオラは、数日前までそんなに伸びていると思っていませんでした。
とても綺麗に咲いていて、満開状態だったのは確かです。

ここ数日で、急に気温が高くなったので一気に伸びたみたいです。
そして、強風。

帰宅してみてみると玄関先のビオラは風で無残な姿になっていました。
朝は綺麗なだったのに。

こうなると、この後すべきことは2択です。

  1. カットして復活させて花を楽しむ
  2. 放置してタネをとる

②も気になりましたが、今回は、今年まだまだ花を楽しみたいので①を選択。

一気に切ります。

切った後。

ちょっといびつになってしまいました。
でも、花が咲いてくればそんなに気にならなくなるでしょう。

1か月後が楽しみです。

 

切り戻し時は新芽を確認しながらカット

ただザクザクカットしてはまた咲かなくなるかも知れません。

写真のような新芽を確認しながら新芽の上をカットします。

カットしたとき、下の方の葉っぱや茎が黄色くなっていたり細すぎたりすると、元気に復活するか微妙です。

我が家のビオラもちょっと黄色くなっていました。

昨年秋に植えたときはとても小さかったので1つの鉢に4株も植えましたが、大きくなるので2株でもよかったと思います。

欲張るのは植物には良くありません。

 

切り戻した花は切り花で楽しみましょう

カットしたビオラはこんなにたくさんです。

このまま捨ててはもったいないです。
最後まで楽しませてもらいましょう。

綺麗な花を選んで切り花で楽しみます。

とても綺麗です。
黄色い花は金運アップのもつながります!

花瓶にしているのはプリンカップです。

最近作っていないプリン。
本来の用途とは違いますが、口が広くて使いやすいです。

葉っぱが付かない花だけと花びらも飾ります宇。

花びらだけのものは皿で。


これも風流です。

これぐらい最後まで花を楽しめばカットされたビオラも本望かと思います。

Bloomee LIFE

 

切り戻したら差し芽に挑戦

切り戻しのタイミングで元気な茎を差し芽にして増やしてみようと思います。

とりあえず切った茎の部分を水につけて、その後土に植えます。

これで増やせたら無限に増やせるかも。

期待を込めて土に刺そうと思います。
結果はどうなるでしょうか?

 

 

ビオラ切り戻しから1か月後

切り戻し後は、玄関先から移動して人に見えない方に置いていました。
水やりだけは欠かさずに。

液肥を2週間に一度くらい与えていました。

切り戻す前と同じように咲きました。
そして、徒長してないのでこんもりと言う表現がぴったりな状態です。

玄関を通るたびに、満開に咲いているビオラを楽しんでします。

でも一部だけ咲いてないところがあるのが気になりますが・・・。

この部分、位置的に紫のビオラだと思うんですが、これから咲くのか?

ちょっと経過を見たいと思います。

 

まとめ

初めてビオラの切り戻しをしてみました。

予定していた切り戻しではなく、強風により仕方なく行った切り戻しでしたが、時期的には丁度良かったと思います。

若干いびつなカットでしたが、花が咲けば気になりません。

カットする時には思い切って!が重要です。
バッサリと行きましょう。

また綺麗な花が咲くのはとってもお得。

切り戻しで、お花を復活させて長くお花を楽しみたいですね。