楽家事

【処分しても困らなかった物②】キッチンの水切りカゴ。実は不要かも?

家の中にあるもので何となく使い続けているものありますよね。

「ここには●●があって当然」と思い込んでいるもの。

我が家にあって当然と思っていた物の中から水切りカゴを処分しました。

その結果、キッチンカウンターがスッキリ!
今のところ何の支障もありません。

むしろ快適で

何故今まで使っていたのだろう?

と思うほどです。

水切りかごは不要なものかもしれません。

 

何故水切りカゴを使っていたのか?

何故今まで水切りかごを使っていたのか

親が使っていたから使ものだと思っていた

多分これが多いのかもしれません。

私の実家にも確かにありました。
うちの実家は2段タイプ。
スペースもそれなりに取りますが圧迫感もありました。

でもそれが普通と思って育ってきました。

普通は自分が育った家が思考のベースになるので刷り込まれているって感じでしょうか?

あることで困ることがあったか

今までは水切りカゴがあるのが当然だと思っていたので特に不満を感じる事はありませんでした。

形や大きさ等で悩むことはあっても必要か?不要か?で悩むことは無かったように思います。

やはり何となくあるべき物と言う考えでした。

 

水切りカゴを無くすまで

とてもお気に入りの水切りカゴを使っていた

今まで使っていた大きな水切りカゴ。

一目惚れで買ってとても気に入って使っていました。
自分的には結構な値段の水切りカゴでした。
ちょっと買うのを悩んで、それでも欲しくて買ったのを覚えています。

  1. 大容量なのにスリムで場所を取らない。
  2. 大きな物を置いても安定感がある。
  3. 何より見た目が素敵♪

4年ほど使用していました。

ステンレスですが少し黒ずんできていました。
洗ったものを置くけれど水切りカゴ自体を綺麗にするってことをしてこなかったからです。

 

水切りカゴの下に水が溜まってカルキ汚れがたまる

本来の使用方法は水切りカゴの下に水受けトレイがありそれを伝って流しに水が流れる作りです。

でも我が家の場合流しに水が流れるように設置するととても作業効率が悪くなります。

仕方なく水受けトレイを使わずに使っていました。

最初は汚れも溜まりませんでしたが、長く使うと水垢が付いてきます。
水があるところには水垢が付くのは避けられません。
毎回水切りカゴを動かして拭けば良いのでしょうがそう手間をかけていられません。
(やれば良いだけなんですが・・・)

そのうちにしっかりとカルキの汚れが付いてきました。

年末などにスポンジでこすってみたりしていましたが、上の汚れは取れてもしっかりとこびり付いたカルキの汚れと向き合うことはありませんでした。

 

水垢を綺麗に除去したら水切りカゴ不要?との思いが

今まで見て見ぬふりをしていた水切りカゴのしたの汚れ。

ある時何故か水切りカゴの下を綺麗にしたいと思いました。

人工大理石のキッチンカウンターに付いた汚れを解決!使ったものはコレ新築の時にとってもきれいな状態のキッチン。 長く使っていると色々汚れがついてきます。 定期的に念入りなメンテナンスをしないと汚れがた...

とても綺麗な状態に戻りました。

綺麗になり広々としているキッチンカウンター見ていたら

水切りカゴを戻す必要があるのか?

と思い始めました。
綺麗になった所へ水切りカゴを戻したら、また汚れが溜まりそうだと思ったのです。

我が家は旦那さんも料理や片付けをするので一応確認しました。

水切りカゴって必要?

綺麗になったキッチンカウンターを見ながら

無くてもいいかもね!

そのまま水切りカゴを撤去することとなりました。

水切りカゴにしては意外と高額だった我が家の水切りカゴ。
ちょっと勿体無い気持ちがありましたが4年間毎日使ったのだから十分元を取りました。

次の燃えないゴミの日に捨てる予定です。

 

水切りカゴを無くして良かったこと

洗ったものをすぐに片付けるようになった

今までは洗った食器等は水切りカゴの上にあるので料理などの作業の邪魔になりませんでした。

でも、今は水切りカゴがないので洗ったらすぐに片付けるようになりました。

片付けないと次の作業が出来ないので必然的に片付けます。

いつもキッチンカウンターは何もない状態になりました。

食事の準備に取り掛かるのが億劫じゃなくなりました。

 

キッチンカウンターが広々使える

今までは水切りカゴ自体のサイズが大きかったこともありキッチンカウンターが広々使えませんでした。

今は広々使えます。

パンを作ったりする時など広く使える快適さを実感します。

よく見る素敵な暮らし方を紹介しているブログで見かけるような何も置かれていないキッチンカウンター。

憧れがありましたが、今はちょっと気分を味わえています。

 

掃除がしやすくなって汚れがたまらなくなった

一番感じているのは掃除がしやすくなったこと。

食器を拭いて片付けたらその時に必ず水分を拭き取るようになりました。

そのお陰で汚れも溜まらないし汚れを見つけたらすぐに対処するようになりました。

今まで: 水切りカゴを動かす→拭く

現 在: 拭くだけ

一つ動作が減っただけでこんなに作業しやすくなるという事を実感しています。

 

まとめ

水切りカゴを無くしてみて何の問題も無いことに驚いています。

何となく使っているものって意外とあるものなのだと実感しました。

【処分しても困らなかったもの①】バスタオル!フェイスタオルで十分! お風呂上がり、身体を拭くのはバスタオル? 以前は、我が家もバスタオルでした。 でも10年以上前からフェイスタオルに変えています。...

処分したり他のものに変えたりすることで生活がスッキリして家事が楽になることはたくさんありそうです。

もっと探してスッキリ快適な暮らしに変えていこうと思います。