ハンドメイド

ハンドメイド作品を納得の出来にするためのたった1つの方法

カレンダーの並びのおかげでいつもより休みが多かった2019年年末。
私もその恩恵を受けて、通常5日休みが6.5日とちょっとだけ休みが増えました。

その休みで急かされていた物を完成させました。
でも急いで作った物の出来はイマイチでした。

納得の出来を求めるなら時間に余裕を持つことが重要です

 

【パターンレーベル】イージートートL 完成

趣味のソーイングは作る人のモチベーションで左右される

作った物は大好きなパターン屋さん【パターンレーベル】のイージートートのLサイズ。

サイズの大きなトートバッグを作って欲しいとずっと前から旦那さんに言われていました。

言われたらすぐに作ってあげれば良いのに、問題なのは作る側のテンション。
趣味でソーイングしている人に良くありがちな
自分が作りたいときに作りたい物を作る!のが好きなのです。

強制(してもいないだろうけど)されて作る物は作っていても全然テンションが上がりません。

「今はトートバッグの気分じゃない!」

長く放置していたのはそんなテンション上がらないせいです。

だけど、いよいよ急かされたので重い腰を上げてつくりました。

作り始めると楽しくなるのは分かっていました。
パターンレーベルさんの型紙はとても作りやすいから!

ビニコ製作で超軽量で超薄!コイン&パスケースで身軽にお出かけ!普段長財布を気に入って使っていても、小さなバッグで出かけるときサイズの大きさに不満に感じることありませんか? 私はずっと二つ折り財布を...

 

材料が足りないままでスタートしてしまった結果・・・

作り始める前に、材料を揃えて生地をカットします。

パターンレーベルさんで初めてキットを購入しました。

しかし、旦那さんが欲しいのはLサイズ相当の大きさ。
キットはMの分の生地分しか入っていません。

在庫生地と在庫資材で作ることになりました。

生地はトート作れる厚み・長さがあるのは1つしかなかったので即決。
資材もなんとなくあるな~と思ったので急いで作り始めました。

型紙もカットしてなかったので型紙カットからスタート。
スタートは13時。
タイムリミットは16時30分。
なぜここまでギリで始める!

人はギリギリになってから力を発揮するものです。

それでもトートバッグだし丁寧な作り方があるので大丈夫でしょうと安易に考えていました。

 

見切り発車は命取り

生地や資材は最初に全て揃えるべき!!

超スピードで作るために裏無しを選択。
急いで縫いました。

旦那の物だし完成度はあまり求めて無いのも事実。
旦那も【入れたい物が入って持ち運べれば良いと言う希望】なのでそれさえクリアしていればOK。
もちろんタグも無し。
タグが付くだけで時間がかかりますから。

生地以外に必要なのは内巻きテープと綾テープ

内巻きテープ(的なもの)は在庫がたっぷりありました。
問題は綾テープでした。

在庫があると思っていましたが、実際は色んな色が少しずつあると言う状況だったのです。

Lサイズのトートは持ち手と斜めかけが肩ひもが付けられます。
持ち手だけなら問題ない長さがありましたが、斜めかけ肩ひもの分が取れません。

この時、斜めかけ肩ひもを付けるのを諦めれば良かったのですが
「この大きさなら有った方が便利!」と付けることに決定。

付けると決めたら、あとは肩ひもの長さを短くするか肩ひもだけ色違いにするか。

後で考えてみると、ここで大きな判断ミスをしてしまっていました

 

色違いで乗り切るも納得出来ない完成度

結局、持ち手と肩ひもの色を変えて作ることにしました。
アクセントになって意外といけるかもと思ったのです。

しかし、完成してみると自分で思ったようなイメージでは無く、自分的にあまり好まない仕上がりになりました。

やっぱり長さを短くして青で統一すれば良かったと思います。

でも今さらおどいて縫い直す時間も気力もありせん。

結局、そのまま完成させました。

 

時間が無いときに作ると失敗しがち

結果的に作った本人があまり納得出来ない仕上がりとなりました。
使う旦那さんは待たせていた希望のバッグが完成して大喜び。
持ち手と肩ひもの色の違いなど全く気になっていませんでした。

もっと早く取りかかって時間に余裕があれば納得する仕上がりに出来たと思います。

時間に余裕があれば足りない物は買いに行けました。
急いで縫うことにならなければもっと縫い目もきれいだったでしょう。

人が見れば特に気にならないかも知れません。
持ち手の裏側だし。
色が違うのもそう言う物なんだと思うかも知れません。

でも、作った本人がずっと気になり続けるのです。
「あの時やっぱりこうしておけば」・・・と。

今回のトートバッグ。
失敗とは言わないかもしれないけれど・・・再確認したこと。

作る前に材料を全て用意してみる

無い物は揃えてから作り始める

長く使う物は特に慎重に

身内のものでもタグぐらい付ける

作って欲しいと言われたらすぐに取りかかる!

これから物を作るときに生かそうと思っています。

暮らしを豊かにするインテリアや雑貨SHOP【Hinata Life】  

結論:時間に余裕をもって作る

結局、時間に余裕があれば全て解決しました。

  • 不足分も買い足す事が出来た
  • タグも付ける時間があった
  • 超スピードで縫わないで丁寧に縫い上げることが出来た

身内の物だとわりと適当に作りがちですが、今後はきちんとしたものを作ってあげようと思いました。
自分の満足度を上げるためにも。

時間に余裕があれば心にも余裕が出来ます。
そうすればもっと自分が納得する良い物が作れるかな~と思います。