ライフスタイル

50代共働き主婦が思いえがく老後とは?

miyu-c
miyu-c
はじめまして。miyu-c 50代です。
共稼ぎで建てた小さな一軒家に旦那と2人で暮らしています。定年まで10年を切り焦りを感じている心配性の主婦です。

この歳まで、「なんとかなるさで」暮らしてきました。
小さな会社ですが正社員として働いていたので、給料は安いけれどなんとかやってきました。
定年まで10年を切って、最近まじめに定年後の生活のことを考えるようになりました。


今までも考えてなかった訳ではありません。
一年に一度届くねんきん定期便を見るたび現実に直面し、どうしようと思っていました。
記載されている予定年金額で、老後のシミュレーションをしてみたりもしていました。

だけど、衝撃の報告が出されてしまって途方に暮れています。

金融庁は3日、人生100年時代を見据えた資産形成を促す報告書をまとめた。長寿化によって会社を定年退職した後の人生が延びるため、95歳まで生きるには夫婦で約2千万円の金融資産の取り崩しが必要になるとの試算を示した。公的年金制度に頼った生活設計だけでは資金不足に陥る可能性に触れ、長期・分散型の資産運用の重要性を強調した。
日本経済新聞

以前からTV番組で
『年金だけでは5万円位不足になるので、不足分を自分で確保しておかなければならない』と話していたのは耳にしていましたが・・・こうやって公の機関から報告されると不安が膨らむ一方です。

今まで、娘の学費や家のローンの支払いに追われ、貯金なんて出来ませんでした。
だけど、この報告書を見て、本気で準備し始めないと大変なことになると思いました。

そもそも定年後、自分たちはどんな暮らしがしたいのか?

まずは、定年後のことをイメージするところから始めてみようと思います。

家族構成
miyu-c
miyu-c
miyu-c(50代)会社員/趣味:洋裁・スポーツ観戦(主にTV)
旦那
旦那
旦那(50代)会社員/趣味:漫画を読む&書く。寝ること。
娘
娘(20代)会社員/現在県内で一人暮らし。

50代共働き主婦が老後の暮らしに思うことは

老後はのんびり暮らしたい

私は、高校卒業後、産休以外ずっと働いてきました。
転職も数回していますが、生活のためには働かなければ行けなかったし、希望する仕事に巡り会えたこともあって、結果的に仕事に就かない時期がありませんでした。

貧乏暇無しってことです。

なので、定年後は一度してみたかった時間に縛られないのんびりとした生活が出来ることを楽しみにしています。

でも、のんびり暮らすにもそれなりにお金が必要です。
今は働いているいるので休日はそんなに多くありませんが、定年後は毎日がお休み。

贅沢をするつもりはありませんが、普通に暮らすだけでお金はかかります

老後も趣味を楽しみたい

私の趣味は子供が生まれてからはまってしまった洋裁です♪
洋裁が好きな方は分かると思いますが、結構お金がかかります。

ビニコ製作で超軽量で超薄!コイン&パスケースで身軽にお出かけ!普段長財布を気に入って使っていても、小さなバッグで出かけるときサイズの大きさに不満に感じることありませんか? 私はずっと二つ折り財布を...

生地を買ったりボタンを買ったり糸を買ったり、型紙だって欲しくなります。
今、我が家の2階の押し入れは私の趣味の材料に占拠させている状態です。。。

それ、生きているうちに全部使い切れるの?
miyu-c
miyu-c
無理かも・・・

だけど、これからも物欲に負けて懲りずに買い足すんだろうと思います。
長い年月をかけて増えた材料ですが、旦那さんが今まで支払った総額を知ったら…。

旦那
旦那
・・・・・・・。

こうなりますね。

お金がかからない趣味を見付けたら?

お金がかからない趣味って何でしょう?
寝るとか?散歩とか?

それでも、趣味として寝るなら快適な布団が欲しくなるだろうし、趣味としての散歩なら歩きやすい靴が欲しくなるでしょう!
何かをやろうと思えば、大なり小なりお金が必要になってきます。

好きなことが出来るんだったら少しくらいは我慢すれば良いんじゃない?

確かにそうかも知れません。

だけど、趣味を楽しむにはある程度のお金が必要だと思うし、お金がかからないから始める趣味って・・・楽しめるのかな?

老後もたまには旅行したい

若い頃は旅行が好きでした!

子供が大きくなるにつれ、子供の部活優先で週末は無理だったし、旅行に行くほどのお金の余裕も無くて行けなくなってきていました。

働いている会社は、平日お休みをもらうのがキビシく、行けたとしても週末1泊。
友達が利用している、JRのお得なプランもまだ利用したことがありません。

定年後は、ちょっと遠くへ旅行も出来るので楽しみにしています。
旦那さんは出かけるのが大好きな人なので

miyu-c
miyu-c
旅行へ行こう!
旦那
旦那
行こう行こう!!

となるでしょう。

でも、旅行となると安く済ませようと頑張っても、それなりにお金がかかります。

旅行みやげは悩む必要無し!小さい・軽い・安いご当地ミニチュアで決まり! 旅行先で買うおみやげに悩んで時間をかけていませんか? 買った大量のおみやげのせいで大変そうな人をよく見かけます。 旅先では、見た...

人気ホテルが最大50%OFF
250社の予約サイトから料金を一括比較
お得な宿泊プランをご案内
www.trivago.jp

人に迷惑をかけずに暮らしたい

我が家は一人娘ですが、いい人がいればお嫁に行く予定。(希望であり実現するかは未定)
お婿さんにきてもらって家を継いでもらおう!なんて思っていません。
と言うことは、夫婦2人で暮らしていくことになります。

今の段階で病院通いをしている軟弱な私。
元気な老後を送れるのか?
元気ならかからないお金が、軟弱だとかかります。

それに、夫婦一緒に天国へ・・・なんて事はなかなか無いでしょうから、どちらか一人になったら施設へ入ることになるかもしれないし。

やっぱりお金が必要ですね。

老後の不安要因が見えてきた

老後の暮らしはお金が不足

目指す定年後の生活を考えてみたら、やっぱりお金が全然足りません
お金に余裕があれば、今希望することはほとんど出来そうです。

この先、劇的に手取りが増えることは無いと思います。
子供が独り立ちした今、やっと少しだけ貯金し始めましたが定年までは10年切っています。
少しだけでは、足りません。もっと本気で貯めないと!

【つみたてNISA】投資初心者の運用報告。ちょっとプラスつみたてNISAを初めて6ヶ月経過しました。 自動で通帳から引かれているので、何もしていませんが現状の報告です。 今年1月からやっと...

マイホーム費用は老後も重くのしかかる

我が家のお金事情を考える時、外せないのがは10数年前に多額の借金をして建てた
「夢のマイホーム」です
現在もローン支払中ですし、まだまだ続きます。

人生100年時代と言われていますが、自分がどれだけ長生きするか分かりません。
希望としては、最低でも後20年はこの家に住みたいと思っています。
まだまだ活躍してもらわなければいけませんが、家って建てた時の借金だけで終わりません。
賃貸と違って、修理やメンテナンスに結構お金がかかります。

トイレはタンクレス?交換を機に今後の暮らしを考える建ててからも、色々とお金がかかるマイホーム。 築十数年の我が家も、最近になってちょこちょこ修理や交換問題が出始めました。 今回の問題...

老後の資金を貯めるにあたって、マイホームの修繕費用がどれだけかかるかが重要になってきそうです。

「家のプロ」が親切丁寧に作業します!
戸建のメンテナンスなら【イエコマ】


まとめ

分かってはいましたが、希望する老後を実現するためには、お金が無いと始まらないってことがよく分かりました。
結局は、もっとお金が必要だって事です

では、お金がたくさんあったら、豊かな老後が補償されるのか?
と言われれば、必ずしもそうでは無いかもしれません。

お金が無くても、充実した老後を送っている方もいるかもしれません。
だけど、私が目指す定年後の生活には、お金はとっても重要です。

お金が必要だとは分かりましたが、将来の暮らしの為に、我慢ばかりしていたら今を楽しく暮らせません。
自分の寿命なんて誰にも分からないのだから、将来のために・・・とお金のために、したいことを我慢しているうちに天国へ旅立ってしまった。。。ってことになったら本末転倒です。

そうならないために、今も楽しみながら将来に向けて出来ることをしていきたいと思います。

まずは、我が家の不必要な出費を減らすことから始めてみようと思います