ライフスタイル

トイレはタンクレス?交換を機に今後の暮らしを考える

建ててからも、色々とお金がかかるマイホーム。
築十数年の我が家も、最近になってちょこちょこ修理や交換問題が出始めました。

今回の問題は、生活するにあたって結構重要な設備であるトイレ。
なんたって・・・食べたら出ますからね。
我が家のトイレが水漏れし、最終的に丸ごと交換となったのですが、築10数年経ち50代になった私たち。

今、設置するべきはどんなトイレ?と悩みました。

結局、今まで通りタンクレスで収まりましたが、これから高齢となる50代の方がトイレが壊れた時、トイレを選ぶ参考になればと思います。

まさかの修理不能

ある朝、トイレへ行くと水漏れしていました。最初はタチタチでしたが、翌日には量が増えていたので、いつもの業者さんへ電話して見に来てもらいました。

修理してもらったら使えると思っていた我が家ですが・・・結果は
修理不能!マジで!?

業者さんが持参していた紙を要約した物がこちら。

重大事故防止のためのお願い 温水洗浄便座は電機製品です 長期間(10年以上)おつかいの製品はお買い換えをご検討下さい 温水洗浄便座補修用性能部品保有年数製造終了後6年 温水洗浄便座補修用性能部品とは製品製品の機能を維持するために必要な部品のことです。         発行元 一般社団法人 日本レストルーム工業界

我が家のタンクレストイレは、便座とウォシュレット部分が一体型なのでウォシュレット部分が壊れた時、そこだけの交換は難しいと言われていましたが・・・そもそも部品が無いなんて。

業者Tさん
業者Tさん
すでに10年以上が経っていて部品が無いので、トイレを丸ごと交換しなきゃいけません。カタログを置いていきますのでご検討下さい。

業者さんは火災や感電、室内漏水の原因になるとのことで止水栓を閉めて帰って行きました。

数万円で修理出来ると思っていた我が家にとってはまさかの事態です。

TVは主電源で切ると故障する!?高額修理費に注意!省エネ対策は色々な所から色んな情報が発信されていますが、皆さん何か取り入れていますか? 我が家は、オール電化なので電気に関する節電は特...

 

今更ですが・・・やっぱりタンクレストイレなの?

新築でタンクレストイレを設置した理由

丸ごと交換と言われて、同じタンクレスの後継機を・・・とカタログを見てみるとビックリの価格でした。タンクレストイレってとっても高いんです!!
今更何言ってるの?と思うかも知れませんが・・・。

10数年前家を建てる時は、トイレ単体の価格なんてあまり気にしていなかったので、いくらだったか覚えていません。。。
家を建てるときって、家自体の価格が大きすぎて、付属の備品は安く感じるという魔法にかかってしまいがちです。我が家はまさにソレでした。
住宅屋さんが勧める高額な設備を、良いですよ~と軽くOKしていました。

何しろ建てるきっかけが

旦那
旦那
家を建てよう

いきなりの一言。

ふつう注文住宅を建てるなら、建てようと思ってから数年かけて構想を練って自分の思う理想の家を建てるでしょう。
現に、私の友人宅は構想5年で建てたとかで、納得の家に住んでいます。

なのに、我が家は住宅展示場を数件見ただけで建ててしまったのです。
急に思い立ち、こだわりなんて考える間もなく着工してしまったので、勧められるままに決めてしまう、売る側からすればカモ客だったのです

でも、設置したタンクレストイレは快適に使っていました。

タンクレストイレのメリットとデメリットは?

新築から10数年、何の疑問も無く使用してきたタンクレストイレですが・・・
高額だったことを機に、今更ながら、タンクレストイレについて考えてみました。

私が思うタンクレストイレのメリットは?
  1. 節水
  2. タンクが無いのでトイレを広く使える
  3. 高級感
  4. 連続使用でも、タンクが無いので水が貯まるまで待つ必要なし
私が思うタンクレスのデメリットは?
  1. 価格が高い
  2. 便器と便座が一体型だと壊れたとき高額
  3. 手洗いが無いので別に設置する

メリットとデメリットをあげてみて、これからの我が家にとっては何が重視されるべきなのか?
そもそもタンクレストイレであるべきか?

高齢に向かう我が家に必要なトイレは?

旦那さんと話し合っているうちに・・・
思い出しました!我が家がトイレをタンクレスにした経緯を!

miyu-c
miyu-c
年老いて車イスになるかもしれないから
トイレ内が広く使えるようタンクレスにしよう!

これがタンクレスにした一番の理由でした。メリットにあげた②です。その為に、トイレのドアも引き戸にしています。

何故、将来の車イス生活まで考えてかと言うと・・・
私が勤めているのは、福祉用具貸与事業所です。

利用者さん宅を訪問する同僚が言っているのを聞いていると、車イス生活になると、トイレの広さは重要でトイレが狭いことによって車イスも狭い物を選ばざるを得ない状況があるみたいです。
私も将来どうなるか分からないので、トイレは広く!と思ったのでした。

思い出したら、もう迷いはなくなりました。

トイレ内を広く使えるタンクレストイレに決定!

この際、価格には目をつむります。

メーカーは?設置業者?

我が家はTOTO派

日本でトイレ選ぶ際に、すぐに思い浮かぶのがTOTOとLIXILの2大メーカーです。
我が家の水回りはTOTOオンリー。なので、今回も最初からTOTO押しではありました。

一応LIXILのカタログも手に入れて比べてみると、便器内のキレイを保つ構造が各社特徴をだしていますが、機能にそう大差は無いように思います。
同じ機能の機種で比べるとLIXILが若干安いかな?と言う感じでした。我が家にとって、安さはとっても魅力です。ちょっとLIXILに気持ちが傾きます。

でも、我が家のトイレは手洗いが別付けでTOTOだったので、色を揃えるならやはりTOTO。
些細なことが気になる私は1つ気になることが。
LIXILとTOTOのアイボリーはほぼ同色とは本当に同じなのか?

カタログや販売サイトを見ても、あまり差が無いように思いましたが、我が家の手洗いと並べて比べることは不可能。そもそも、我が家はアイボリーでしたが、今の主流はホワイト!私が数件見たショールームや家電量販店に、アイボリーは現物が展示されてませんでした。

悩んでいたとき、背中を押したのが同僚の一言。この同僚、色んな場面で的確に鋭い指摘をしてくれるので、師匠と呼んでいる人物。

同僚K
同僚K
似てると言っても同じメーカーでは無いからちょっと色が違うんじゃない?

みゆこ
みゆこ
やっぱりそう思う?そうだよね~

色がちょっと違うだけで・・・と思うかも知れませんが、この先長く使うトイレ。
些細な事が気になる私は、入るたびに、ちょっとイラっとしそう。

そんなことになりたくないので、結局TOTOに決めました。
TOTOでも昔のもとの色が違っていたら・・・。
それはもう仕方ありません。

後から考えると、全く違う色(グレートか茶色とか黒とか)のトイレを設置してイメージを一新する!という手もあったかなと思います。微妙な色の違いも心配無用だし。

既存の手洗いがあるなら、色を変えてイメージ一新もあり!

 

希望の金額まで見積3箇所

なるべく安く設置したいので業者選びです。
取りあえず、いつもお願いしている業者さんへ見積依頼しました。
結果的に、ここが一番高額見積でした。
もちろん不採用。

次に、家電量販店。ここは、対応が早くて翌日訪問見積してくれました。
担当の方もとても良い方でした。が・・・こちらも最安ではなく不採用。

結局、同僚Kの知り合いの水道屋さんが、最安見積を出してくれてそこに決定。
我が家とすれば、家電量販店で見積もりしたとき、ここでも良いかな?と思いましたが、結果的に家電量販店の見積金額を伝えたことが良かったようで、かなり安くしてくれました。
カード払いが出来ないことが、ちょっと残念ではありましたが、思っていたより大幅に安く交換出来ました。

設置したトイレは、ネオレスト
最上位機種ではありません。長く使うものとはいえ、やっぱり最上位機種には手が届かず、最低限の機能が付いたタンクレスの中では価格が低いタンクレストイレです。

予算は25万円でしたが、20万に消費税という価格で設置出来ました。
我が家はコレで大満足!

面倒でも、最低でも2箇所は見積をもらって比較しましょう!

 

セットで交換?トイレのクロス問題

業者が決定した時、見積にはクロスの張替も組み込まれていました。
家電量販店の担当者さんが見積に訪問したときも、トイレを撤去したらクロスが汚れているかも?と言われていて、ちょっと気になってはいたんですが、やっぱり見積されている~となりました。

本当なら、10数年も経っているのでクロスも張り替えれば、本当に綺麗なトイレに生まれ変わるだろうと思いましたが、ケチな自分がムクムク現れてきて・・・。
予算も当初の25万円に収まる金額だったのですが、必要ないなら交換したくない!と思っていました。

業者さんに確認しても

トイレを外してみないとクロスの汚れの状態は分かりません

と言うことは、撤去する前にクロスの張替えをするかしないか決めなきゃいけません。
クロス費用は16,200円。多分安いと思います。
でも、困ってないところ=不必要なところに16,200円払いたくない!

結局、何度も既存のトイレとこれから設置するトイレのサイズを計り、今のトイレの方が床との設置部分が大きくて、汚れた部分が隠れるから大丈夫だろうとクロスの張替をやめました。

ちょっとしたチャレンジでしたが、予想通りキレイに収まってクロスはキレイな状態でした。

miyu-c
miyu-c
やったー♪思った通りキレイに収まった!

クロス問題は、トイレの交換の時は必ず出てくる問題です
カタログと現物のサイズを十分確認して、チャレンジする勇気がある方はチャレンジしてみる価値はあります。

お金に余裕がある方は、一緒に変えたほうが確実にトイレが生まれ変わります!

 

まとめ

我が家のように50代以上の方がトイレの交換が必要となったタイミングには、車イスを使うようなことがあるかも?とちょっと想像して、広さが確保出来るタンクレストイレへの交換を検討するのも良いかも知れません。
広いトイレの方や健康に自信あり!という方は、何の問題もありませんから、タンクレスに拘らず気に入ったトイレを設置すれば良いと思います。

今回のトイレ交換で、ちょっと後悔することは、オート開閉が付いた機種を選ばなかったこと。以前もなかったので、今回も無しにしたんですが、あっても良かったかなと思っています。トイレのフタくらい自分で上げられるでしょう!と思っていたけれど、我が家は2人とも腰痛持ち。
一日数回かがむ必要がなくなると思えば、ちょっとの価格UPはしても良かったかもしれません。
無い物を足すって想像力が必要でした。前のトイレに無かったから別に要らないと思っていましたが、コレがあったら・・・とちょっと考えてみることが必要だったと思います。
歳をとるほどに、あったら楽になるものは、価格を考えながらチョイスするってことが大事だと思いました。
多分、次にトイレの交換が必要になったら、我が家はオート開閉付きを選ぶでしょう