修理・交換

破れたソファはどうする?10年超のソファーを張り替えてみた

家を建てて10年以上。
10年も経てば色んな不具合が出てきます。

水回りは色々と修理してきました。

トイレはタンクレス?交換を機に今後の暮らしを考える建ててからも、色々とお金がかかるマイホーム。 築十数年の我が家も、最近になってちょこちょこ修理や交換問題が出始めました。 今回の問題...
お湯張りエラーP00は混合弁!解除出来てもぬか喜び禁物!再起不能に?! 築10数年の我が家。 あちこち故障が出てきています。 今まで快調に使えていた電気温水器が壊れました。 突然エラー表示が出ると焦...

今回、初めて家具の不具合が出ました。
と言うか、結構前から不具合は感じていましたが、ついに重い腰を上げたというのが正しいです。

不具合が出ているのはソファです。

家を建てて少ししてから買ったソファ。

買い替えか?
張り替えか?

悩んだ末に、張り替えました。

そしてこれで正解だったと思っています。

 

ソファーの寿命は何年?素材によって異なる耐用年数

表面カバーの素材によって異なる耐用年数

ソファの生地のおおよその耐用年数は以下のようです。

  • 本革製  10年
  • 合皮製  4~5年
  • 布製   6~7年

長持ちするのは本革のソファです。

私が持っている本革のソファのイメージは・・・

高級感があるけれど同時に威圧感がある印象。
それに、夏は肌に密着しそうで苦手なイメージをもっていました。
耐久性は絶対に皮なのですが、我が家でソファを購入する時、皮は選択肢にあがっていませんでした。

本革が対象外と言うことは、もちろん合皮も対象外。

我が家ではソファは布製を選びました。

 

張り込み仕様と置きクッションの違い?

ソファを購入する時、見た目や座り心地で選んでいると思いますがソファは大抵2種類の仕様となっています。
張り込み仕様置きクッション仕様

張り込み仕様とは?

フレームとクッションが一体になっていることです。
張り込み仕様のソファは使用している間に、生地が摩耗し破れたり、日焼けによる色あせや使用による汚れがついてくると買い替えたくなりますね。

張り込み仕様のソファはカバーの下がすぐにウレタンなどがあるため、カバーが破れると中のウレタンなどが出てきてしまいます。

一気に見た目が悪くなり買い換えたくなりますね

もうひとつは置きクッションタイプ。

置きクッションタイプとは

フレームとクッションが別になっているものです。

フレームがおしゃれなものが多い印象です。
クッションはカバーが取り外し出来るものが多く、汚れたら洗えるのが良いですね。
クッションがへたってきたらクッションだけ交換できるものもあります。

我が家は張り込み仕様のソファでした。

表面のカバーの破れ以外にも痛む部分

外側のカバーの破れは、ソファを買い替えようと思う一番のタイミングだと思いますが、カバーが破れるくらいだと他の部分も痛んでいます。

  • ソファの躯体の痛み

    大人なら結構な荷重がかかっているソファの躯体。
    時には倒れこむようにドシンと座ることもあります。
    長く使用している間には、躯体自体がダメージを受けていることも少なくないようです。

  • クッション材のへたり
    クッション材はソファの座り心地を大きく左右するものです。
    座り心地の良さはクッション材で決まると言っても過言ではありません。
    人それぞれ好みの硬さがあります。
    耐久性を上げようとすると硬くなり、柔らかくすれば耐久性が下がるのが一般的です。

大切に使っていても長く使っていれば、やはり経年劣化は避けられない部分です。

 

我が家のソファの状態

我が家のソファは布製の張り込み仕様のソファでした。
耐用年数は6~8年と言われているので10年以上使っている我が家のソファは一般的な耐用年数は過ぎています。
それを考えると成績優秀でした。

全体写真。

こんな状態でした。

でも使い方によってもっと寿命は延びます!

我が家では二人掛けと三人掛けを同じ時期に買いましたが、主に旦那さんが座っていた二人掛けだけが痛みが早かったのです。

要因は色々あると思いますが、我が家のソファの状態を見ると考えられることは三つ。

  1. 座る人の体重
    旦那さんの体重は80㎏ほど。
    3人掛けに座っている私よりは若干?重さがあります。
  2. 座る位置がずっと同じ
    いつも同じ位置に座るので、その部分だけ明らかにクッションがへたっている。
  3. カバーをかけないで使用する
    一枚布でカバーしていましたが、結構ズレてカバー無しの状態も多々ありました。

これによって二人掛けの方だけが痛みが早くなったようです。

 

これをきっかけにソファを減らす?

家を建てた勢いで買ってしまった二人掛け三人掛けのソファ。
そもそも3人家族なのこのチョイスが間違っていたのかもと後になって思いました。

今、我が家は二人暮らし。

今後も二人掛・三人掛けと2つのソファは必要なのか?

ソファを持たないミニマムな生活にシフトすることも考えました。

しかし、腰痛持ちの二人。
床に座り続けると、とたんに腰が痛くなります。
そんな我が家にソファが無い生活は考えられないと言うことになりました。

やはり我が家には今まで通りソファは2つ必要だという結論にいたりました。

 

修理する?買い替える?

ソファの数は減らさないことで決定しましたが、次に悩んだのが

修理する?

買い替える?

10年以上使ったソファ。
今でも売られている我が家のソファの現在の価格は
138,000円+税13,800=151,800

国産のタモ材のソファです。

とても気に入っていますが、もっと安いものは探せばいっぱいあります。
選択肢は

  1. 痛んでいる二人掛けのソファだけを買い替える
    今は安くておしゃれなソファがたくさんあるのでそれも良いかもしれません。

  2. 痛んでいる二人掛けのソファだけを張り替える
    張替えれば三人掛けのソファとのバランスはとれます。

  3. 二人掛けと三人掛けのソファを同時に買い替える
    物によっては、意外と安く済むかもしれません。
    安いものもいっぱいあるから。

  4. 二人掛けと三人掛けのソファを同時に張り替える
    これが一番いいと思いましたが、予算的にキビシイ。

どうしようかしばらく悩みました。
結局、とりあえず今使っている二人掛けのソファのみ張り替えることにしました。

理由は

  • 今のソファがとても気にいっている
  • もともとある3人掛けのソファを使うならバランスがとれる
  • 勿体ない精神

この中で一番は勿体ない精神です。
躯体は全然問題ないので、捨てるなんて可哀そうだと思いました。

新築から同じ時を過ごしてきた家具。
修理してまた一緒に暮らしていきたいと思います。

張替えが決定したので、あとは行動あるのみです。

 

修理はどこで?価格は?

やはり購入店へ依頼するのがベスト

最初は家具製造や家具の修理をするようなところを探しました。
以前、仕事関係で本革張りの長椅子の破れを張り替えてもらったことがあったからです。
そして、その時意外と安く済んだのでもしかして安く済む?と考えました。

でも、それと同時に「同じ生地は無いだろう」となりました。
三人掛けはそのままあるので、やはり同じような生地が希望です。
やはり購入店に相談してみるしかありません。

購入したのは地元の家具屋さん。
以前は数件あった家具屋さんですが、今は全国チェーンの量販店以外は購入したお店だけしかありません。
まずは電話してみました。
思いのほか以外に快く対応してくれました。

一応、二人掛けと一緒に三人掛けも見積もりをしてもらいました。

ちなみに
新品購入価格は
二人掛け  138,000円+税
三人掛け  178,000円+税
です。

見積金額は
二人掛け  96,600+税9,660=106,260円
三人掛け 124,600+税12,460=137,060円

結構な金額です。
思った以上の金額に驚きました。
この段階で、やはり二人掛けしか出来ないことが決定。

見積金額には製造元の北海道への往復送料も含まれています。

高いけれど、同じものを買うよりは当然安く済みます。

即答はせずにしばらく考えました。

 

値引きされて張替え決断

1週間ほど返答しないでいたら電話が来ました。

家具屋さん
家具屋さん
どうしますか?

「意外と高くて悩んでいます。」

家具屋さん
家具屋さん
もう少しだけお値引き出来ます!

提示された金額は

89,800円+税8980円=98,780円

ちょっと値引きされました。

そしてこの金額でお願いしました。

 

集荷から納品まで約1か月

家具屋さんの人が二人で集荷に来ました。
ソファが一つ無くなった部屋は広々。

ちょっとだけ
これを機に無くしても良かったかもと思いました。

でもすぐに撤回。
ひとつのソファを取り合いになりました。

残ったのは三人掛けなので二人で座るには十分なはずですが、今まで別々に座っていたので二人で座ることで相手が邪魔で仕方ありません。

ソファの有難さを実感する期間でした。

 

ソファ張替え完了

予定より早くソファが戻ってきました。

早速座ってみると、ハリのあるクッションになっていました。
もちろん破けているところも綺麗に元通り。

心なしか以前の生地よりしっかり感があるような気がします。

新しいソファは(比べたら)体重が軽い私の定位置となりました。
その方がヘタリガ少なく長く使えるので。

三人掛けの方も、破けてはいないけれど、クッションがかなりへたって来ています。
近い将来、張替えをお願いすることになりそうです。

最終的な価格は税込み89,000円にしてもらうことが出来ました。
最初の見積もりから比べたら

106,260-89,000=17,260円

値引きをしてもらえて助かりました。

ちなみに
全く同じ生地は無かったので(10年も経てばそうでしょう)
似たような生地にしました。

あまり違和感ありません。

 

まとめ

新築時にまとめて購入する家具。
その中でソファは時とともに痛んでくるものの一つです。
大きな家具なので、買い替えすれば部屋のイメージチェンジをすることが出来ます。

でも我が家は張替えを選びました。

物を大切にしたいという思いと、10年以上一緒に生活してきた愛着から張替えを選択しました。
張替えよりも買い替えの方が安く済んだかもしれませんが、結果的に我が家では大満足です。

長く使うために
破けやすいので二人掛けの真ん中のには座らない
カバーは必須
座る位置を定期的に変える

三つの点に注意したいと思っています。

建てて終わりではないマイホーム。
今後も我が家なりの選択をして快適にくらしていきたいと思います。